同じ空間でそれぞれ好きなことができるリビングに~工事中の様子~

■工事中の様子~キッチン工事編~

間取り変更と言う工事ながら、お施主様がお住まいのまま工事を行いました。

毎日の食事や、特にお子様のお弁当づくり等、お施主様の生活への影響を最低限にするため、水廻りの工事から行います。

【給水給湯管の交換】

マンションも築年数が経過すると、給水給湯管が劣化してきます。これらは、水漏れ事故の原因となってしまう場合もあるため、交換が必要となります。

キッチンの移設、廊下のフローリングも含めた内装工事だったため、全ての水廻りの給水給湯管を交換しました。

 

【キッチンの仕上げ】

空間のほぼ中央に配置されるアイランドキッチンのシンク。

アイランドキッチンは、周囲に壁がなく排水管を通す場所が床からしかできないため、排水管は床からパイプスペースへ通します。

排水は逆流しないように流れる先へ向かって少しずつ下がっていくように勾配を付けなければなりません。そのため、キッチンスペースの床を周囲より高くする必要があります。

床を上げる際は、高すぎると上り下りの動作が大変になり、低すぎると躓いてしまう危険性があります。現場で、状況を確認しお施主様と打合せをしながら床の高さを決めました。

←空間の中央へ向かって配置したシンク。その後ろの壁に向かって、調理用のスペースを造ります。

 

 

 

 

解体してみると、トイレの共有の配管が通っていました。

床上げした高さでも、管が隠れないので、さらに調理台のみ、高さを少し上げて管が隠れるようにしました。

 

【視界を遮らない】

当初、シンクの上部に吊戸棚を希望されていました。

しかし、吊戸棚を取付けると空間が遮られてしまい、圧迫感も出てしまうので、カップボード設置をご提案しました。

天井や照明器具をスッキリと見せるため、梁の高さに合わせて天井を造り、ダウンライトを取付けました。

 

 

 

→→→ロフト工事編へ

 

sawa

sawa の紹介

社交的で陽気でおせっかいな私。 リフォームを通して沢山の方と出逢い沢山の『感動』・『感激』・『感慨』・ 『悩む』事が出来るこの仕事が大好きです。 出逢いに感謝し、『一生勉強・一生青春』です。
Posted in スタッフブログ |