横浜市磯子区 マンションバリアフリーリフォーム⑥

トイレ施工前

 

施工後

お施主様宅のトイレ空間。
工事前は壁面上部塗装。下部タイル仕上げ。
とても殺風景でした。

トイレの室内リフォームの際に考えたことは・・・
①明るい空間にすること。
②せっかくリフォームをするのだから、清潔感を大切に且つ清掃が楽になること。
③安全性
以上のことでした。

取り付ける便器はマンションの縦排水管があるために、TOTO製のピュアレストMR
壁はクロスにするかと迷いましたが、耐久性や清掃性を考えて、DAIKENのサニタリーパネルを採用しました。
トイレ脇には手摺を取り付けて。安全性も高めました。

施工後はすっきりと明るい空間へと生まれ変わりました。

当初は交換する予定ではなかった入口ドアですが、あちらこちらが快適になってくると
やはり・・・ドアも交換したいとのことで、急遽交換が決まりました。

ドアはPanasonic製
写真にははっきりと映っておりませんが、ドアに4枚のガラスが入っています。
3枚にするか4枚にするか迷ったのですが、
4枚にするとはっきりとまではいきませんが、中に人が入っているかどうかの影が確認できるので
やはり安全性を考えて4枚ガラスにいたしました。
ドアの色も何種類か選べますが、廊下の既存収納扉との色を考えグレインホワイトにしました。

とても素敵な空間になりました。

 

←←←⑤へ戻る

Posted in スタッフブログ |