給水給湯管の交換

こんにちは。上野です。

今回は、工事についてよく頂くご相談をご紹介します。

住まいの中でも、リフォームのご希望が多い場所がキッチンや浴室などの水廻りです。
その際に、チェックするポイントの一つに、給水給湯管があります。


給水給湯管は普段生活をする中で、目にする機会はほとんど無いかと思いますが
住まいの”血管”にも例えられる重要な部分です。

この給水給湯管も時が経てば劣化してきます。
劣化が進むと管内にサビが発生し、さらに管の腐食が進みと漏水が起こってしまいます。
特にマンションの場合、階下の住まいにまで漏水の被害が出てしまう場合もあります。
弊社でも、漏水事故による工事のご相談を頂くことも少なくありません。


↑弊社で管の交換を行った現場の古い給水管。内部にはサビが大量に詰まっていました。

 


このような住まいのトラブルを防ぐためにも、
特に築年数が20年以上経過したマンションで給水給湯管の交換をされていないところでは
交換をお勧めしております。

以前は、金属系の管が主流でしたが、現在はより耐久性に優れた樹脂系の管が主流となっています。

 

↑樹脂管:ポリブデン管

 

 

【給水給湯管交換工事の一例】

①浴室・洗面室のリフォームと併せて行った給水給湯管の交換工事。床を部分的に開口して交換を行います。開口箇所は、廊下等の目立つ箇所を避け、個室の家具が置かれる部分等、普段は目立たない箇所を利用します。

②交換後の給水給湯管

 

③開口部分復旧後の床。黄色の点線部が開口した部分。ほとんど目立たないよう復旧することが出来ました。

 

BEFORE

 

AFTER

 

BEFORE

 

AFTER

 

集合住宅で築年数が経ち、水廻りのリフォームをお考えの際は、見えない部分ですが一番大切な給水管も併せて交換することをお勧めいたします。

その他、給水給湯管交換を含めた施工事例はこちらから→→

Posted in Q&A, スタッフブログ |